Top > 敏感肌のクレンジング > 敏感肌のクレンジングの選択肢は少ないから

敏感肌のクレンジングの選択肢は少ないから

敏感肌だと色んなことに気を遣いますよね。着るものも、綿のものがいいとか、お風呂上りにはクリームが欠かせないとか。優しくて刺激の少ない化粧品を選んだりだとか。何でもいいわけじゃないので、ある意味買いやすいかもしれないですね。クレンジングも沢山の種類がありますが、敏感肌の自分でも使えそうなのはこれ、と決まっているのであれこれ迷わなくていいかもしません。ショッピングって、迷い出したらキリがないですよね。一旦諦めて店を出たのに、やっぱり最初のお店に戻る、とかありますもんね。そしてそういう場合、売れちゃってたりして、「買っとけばよかった」って後悔するんです。無いと分かると余計に欲しくなるんですよね。

 

敏感肌のクレンジングの選択肢は少ない

 

まあそういうのにつき合わされると、奥様の買い物について行くのを嫌がる旦那さんの気持ちも分かる気がします。ソファで待ちくたびれて死んだように眠っていますよね。座りながら、しかも外でここまで熟睡できるか、というくらい無防備な姿を晒しています。だから、スマホをいじったりせずに、ベビーカー押しながらとか子供を抱っこしながら、一緒に買い物している旦那さんが居たら、素晴らしいと感じますよね。これこそイクメンではないでしょうか。

敏感肌のクレンジング

関連エントリー
敏感肌のクレンジングの選択肢は少ないから